減震くん

「制震」という新しい地震対策のありかた

阪神淡路大震災から
わが国は、周囲を海に囲まれた狭い国土のなかに、山や川などの変化に富んだ地形、四季に伴う気候変動がある美しい国です。 しかし、古くから地震、津波、台風、竜巻、地すべり、火山の噴火、豪雪、干ばつなど多様な自然災害に見舞われてきました。このような多くの自然災害の中で、地震災害は特に広範囲な人々や建物に多大な被害を生じさせるものであり、私たちの重要な生活基盤に大きな影響を与えるものです。 特に阪神淡路大震災が起こってから住宅の耐震性の問題が注目を浴びるようになりました。地震による人的被害の死者の大多数が家屋の倒壊や家具の下敷きによる圧迫死だったからです。もしもの時に生命の危機から守るべき住宅により被害が拡大したのです。

耐震から免震そして…
もともと地震の多い国なのですが、それから世間では耐震性がより注目されるようになりました。住宅業界においても地震対策構造として、免震・制震構造を要望する声が上がってきました。今では、耐震、免震という言葉を知らない人はいないでしょう。ここにも地震対策に関心が高まっていることが現れています。

地震対策の種類と効果

ただ単に家を頑丈にするという耐震という考えから、いかに地震の揺れを逃がすか(免れるか)の免震が考案されるようになりました。そして今、構造体内部に振動を吸収する装置を組み合わせることによって構造物の破壊を防止するという新しい考え方「制震」が生まれました。

「制震」は木造住宅に最適な地震対策

木造住宅では、家が変形しないように強度で対抗するために壁を強化するし(耐力壁)、その壁を増やすことがあります。しかし家中の壁を耐力壁にするというわけにいかず限界があります。また、最新の免震技術によって一般住宅を施工するにはコストが掛かり過ぎます。「制震」は、家を変形しながらエネルギーを吸収するという新しい方法で大事な住まいを地震から守ります。 「制震」による地震対策は木造住宅の地震対策として最も適していると考えます。

これまでの住宅のこうした問題点を見直して

「減震くん」はオイルダンパーの構造原理を踏襲していますが、その構造原理はまさに水鉄砲が水を発射する仕組みそのものなのです。水鉄砲をゆっくり押すとあまり抵抗なく水が発射されますが、速く押せば押すほど、また水の出る孔が小さければ小さいほど抵抗を強く感じます。「減震くん」では、水に代わるオイルがピストンの小孔(オリフィス)を通過する時の抵抗力が「減衰力」というわけです。地震で家屋が左右動しようとするエネルギーを減衰力により吸収して家屋の揺れを抑え、地震による被害を最小限にすることができます。

地震からあなたの大切な家を守る「減震くん」の特徴

阪神・淡路大地震クラスの地震を再現した実験において建物の層間変形(1-2階間の揺れ幅)を最大で70%低減することができました。

「減震」の取り付けは横架材間に木製パネル2枚を使ってねじで留めつけるだけです。 壁体内に組み込むだけの簡単な施工なので、作業コストも低いことが特徴です。 延べ床面積約30坪(100㎡)程度の2階建て住宅の場合、「減震くん」を1棟当たり 4~6セット設置することが当社の標準設置数量です。 効果とコスト等詳細は別途お問合せ下さい。

新築時に組み込むだけで、日々のメンテナンスは不要です。もしもの時は自動的に 振動吸収装置が作動します。

日立製作所製のオイルダンパーは自動車や新幹線・高層ビルの地震対策用となどの さまざまな分野で採用されている信頼性の高い製品です。 99年発売以来、既に1000棟以上の実績があります。