セイケンホーム株式会社

  • 注文住宅
  • リフォーム
  • セイケンホームの選ぶ住宅工法
  • 住まいができるまで
  • 施工事例
  • スーパーウォール工法
  • ショールームのご案内
  • 会社案内

土地から探せる注文住宅

ブログ

備長炭の健康快適住宅

新しい家に住む人は病んでいる?

アトピーや化学物質過敏症など、一昔前にはなかった病気が現代人を苦しめています。実はその原因が我が家だったというのが「シックハウス症候群」です。住宅用接着剤、塗料に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物資は、体調不良や慢性病を引き起こします。新築の家ほど化学物質の害が多いというのはおかしな話です。また現代の住宅は密閉性が高いため湿気がこもり、結露しがちです。これがカビやダニの温床をつくりアレルギー疾患などの原因となります。湿気の多い床下ではシロアリが家を痛めつけ、駆除用殺虫剤にも猛毒の危険性が…。さらに家電製品やパソコンが出す電磁波が健康に与える悪影響も住環境の悪化に拍車をかけています。

木炭の力であなたと住まいの健康を守ります

木炭は調湿や消臭に優れた効果があり古くから暮らしに生かせれてきました。最近では木炭の空気質改善効果も注目され住環境改善への利用に、新たな期待を集めています。 そこで注目されるのが木炭です。木炭は調湿や消臭に優れた効果があり古くから暮らしに生かせれてきました。最近になって炭の効能は見直され近年再評価され住宅への利用が広がっています。木炭には有害な酸化粒子を中和し空気中の化学物質や悪臭を取り除き、電磁波をカットします、また木炭の遠赤外線効果は、調湿効果とともに温度と湿度を快適に保ちます。さらに今後建築端材をリサイクルした木炭を利用する構想も進めており資源化循環型社会への貢献も期待されています。環境汚染の進む今の社会だからこそ、我が家だけは安全であってほしいものです。心から安心できる住まいを末永く…。 その願いを「木炭の力」を使ってかなえます。

製品ラインナップ

シックハウス症候群の原因となるもののひとつに床下防蟻剤が挙げられます。 建築中の現場を見に行った方は覚えがあるかと思いますが、土台や柱に塗るオレンジ色の液体が防蟻剤です。白アリの被害から家屋を守る事が目的なのですが、そこに住む人間の健康を守る事は考えられていませんでした。代表的な防蟻剤のクロルピリホスは、有機リン系の毒物できわめて有害性が高く、白アリばかりか人間の健康までも害する恐ろしいものです。これを塗って、高気密住宅など建築した場合には、非常に長い期間有害物質が揮発し続けて、室内の空気を汚染します。最近ではクロルピリホスはシックハウス対策の法改正により使用する事が禁止され、合成ピレスロイド系化合物、ネオニコチノイド系化合物をはじめ、新しい化学構造のものに切り替わってきていますが、健康住宅を建てるならば、出来ればこのように人体に悪影響を及ぼす防蟻剤を使わずに白アリを寄せ付けない方法を選択する事が大切です。

チャコガードは炭と天然鉱石からできているから、毒性“ゼロ”です

チャコガードは、従来の防蟻剤と違い木質系の天然素材の微粉末木質炭素および天然鉱石を配合して作られ薬剤を一切含まない、独自の技術で開発された防蟻剤です。だから、無毒性で人体に安全な製品といえます。 また最近、当り前のように使われている薬剤(防蟻剤)を加圧注入させてある土台もありますが、薬剤を真空状態でより芯部まで加圧注入させる為に、インサイジングという加工を行っています。これは分かりやすく言うと、土台に無数の切れ目を入れて、そこから薬剤を浸透させるのです。この木材は注入前と後では強度は約10%低下してしまいます。土台部分は家の“要”となるところです。チャコガードの施工は浸透させる必要はなく塗布するだけなので木材本来の強度を損ないません。 施工の際だけでなく、火災の時のように加熱しても有毒ガス(VOC)が発生せず自己消化性を持つ難燃性です。(一般の防蟻剤を塗った木材は火災の際、有毒ガスを発します)

高い【防蟻・防腐効果】示す実験データの数々

「実際の防蟻・防腐効果は、薬剤より低いのでは?」 いいとずくめなので、その考えるのも無理はありません。ですが防蟻・防腐効果が低いのでは本末転倒。防蟻・防腐剤にチャコガードを使う意味がありません。数々の実験データがチャコガードの高い防蟻・防腐性を証明しています。

のテストでは防蟻・防腐効果は薬剤に劣らぬ実験結果を示しました。また、

において、薬剤を使用した防蟻剤にはない値。 ヒメダカを使った毒性試験いたっては、死亡率0%。また、金属成分の定性および定量テストでは天然素材の中に含まれるミネラル分の金属のみ検出され、無害であることを証明した実験結果を示しました。

ヘルスコート

低ホルムアルデヒド建材を使用するだけでは、化学物質を分解吸収しません

ここ数年「シックハウス症候群」と呼ばれる健康障害が社会的に問題になっているのはこれまでに述べた通りであります。日進月歩で科学の進歩していても(室内空気汚染、科学物質過敏症など色々な名称で言われています。)、医学的な統一見解がなく発生のメカニズムも充分に解明されていないのが現状です。これを受けて2003年7月より改正建築基準法の「シックハウス対策」が施行されました。私たちは、住宅のなかに使用している科学物質の中に囲まれて生活しています。 すべての化学物質濃度を少なくするのは不可能に近いのが現状であると考えます。低ホルムアルデヒドの内壁に備長炭を塗って室内の汚染物質を寄せ付けません。こうした優れた力を液状化によりさらにパワーアップした塗料がヘルスコートです。どこにでも塗れて効果は持続的に継続します。ヘルスコートは塗るだけであなたと住まいの健康を守ります。

8つの機能紹介

木炭には湿気を吸着するとともに乾燥しすぎると水分を放出すというち調湿機能があります。ヘルスコートは微粉末木炭を使用し多孔質の表面積を拡大することで、湿気吸着能力を飛躍的に向上。結露や腐朽を抑制し住まいの寿命を延ばします。

建材や塗料、接着剤には、発がん性のあるホルムアルデヒドなどの化学物質が多く使われています。ヘルスコートは化学物質の有害ガスやタバコなどの嫌なにおい、ハウスダストを吸着・除去して室内空気を浄化します。

私たちは、家電製品やパソコンから出る電磁波に絶えずさらされています。半導体としての木炭の電子特性は有害な電磁波を吸収し磁場の安定を保ちます。

森林浴のリフレッシュ効果はマイナスイオンによるものです。 ヘルスコートは常に抗酸化粒子の多い環境を作り出し、室内の空気質を改善します。

木炭の発生する遠赤外線の温熱効果は、広く知られています。この作用はヘルスコートの調湿効果と相まって、お部屋を夏は涼しく冬温かく保ち冷暖房費の節約となります。 さらに遠赤外線波長の中の6.27波長は、空気中の水分と共振作用を起こし、熱を発生し省エネ効果につながります。

くだものや野菜から発生するエチレンガス等を吸着して、熟成、劣化を遅れせます。 鮮度が長持ちするのも木炭の自然活性エネルギーの力です。

通気性仕上げ材でのヘルスコートの機能を生かすことができます。クロス(推奨品)やヘルスコートカラーデザイン・デザインヘルスコート等からお選びいただけます。

通気性・密着性に優れ、建築の床・壁・天井等、場所を選ばず簡単に塗布できます。紙・布・木材・鉄・コンクリートなど様々な素材に対応可能。また廃棄する場合も人体に有害な物資は出しません。