スーパーウォール工法

夏をもって旨とすべし~冷暖房器具が未発達だった時代~

コチラにもスーパーウォール工法の情報を掲載しております。>>

吉田兼好法師はかの有名な「徒然草」の中で「家のつくりやうは、夏をむねとすべし。」とその当時はまず風通しを第一に考えて家づくりをしなさいということでした。もちろん設備機器などない時代ですからとにかく風通しを良くして、すだれをかけて打ち水をして涼をとるしかなかったのです。窓を開けて隣家のクーラーの排熱が飛び込むコンクリートジャングルとは違って当時周りは土と緑。表と裏をあけて風を通すと涼しさが抜けてくれました。
では、冬はどうしろと書いてあるかというと「冬はいかなる所にも住まる。」です。冬の寒さは当時、家の建て方ではどうにもならなく、体を動かして仕事をして体を発熱させるか、貴人は十二単のように厚着して寒さをしのいでいたのです。

時代は移り変わり、部屋ごとに冷暖房設備を整えられる現代ではあるが…

時代は移り変わり戦後日本も高度成長を始めますやがて欧米からの技術もどんどん入ってくるようになり、家電製品をはじめとする様々な設備機器が住宅に取り入られるようになりました。生活から火鉢は消えそれに代わってストーブ、クーラーといった冷暖房器具現れますそれと同時に家の造りも個室化され人が集まる部屋に冷暖房機器が設置されるようになりました。

なぜこれまでの住まいは不快で不健康なのでしょうか?

これまでの住宅がなぜ冬寒く、夏暑いのかなぜカビやダニが繁殖するのかを整理してみましょう。
・気密性能が低い構造のため、隙間から外の冷気や熱気が侵入してくる。
・壁は断熱材が充填された断熱構造なのに、窓は無防備なためそこから熱気や冷気が侵入する。
・このため室内の上下温度差(床と天井など)そして部屋ごとの温度差(居間とトイレ、バスルームなど)が生じる。
・温度差が生じるといろいろなところで結露が発生する。結露は住宅の耐久性を弱め、カビやダニの繁殖原因になる。
・外から空気を取り込み任意の室内経路をめぐった後、強制的に排気される計画換気が行われていないので、部分的に汚れた空気が淀む。

これまでの住宅のこうした問題点を見直して

1.気密性を高く、2.熱損失を低く抑えた断熱構造をつくり、3.計画的に換気することによって、
室内の上下温度差、部屋ごとの温度差が小さく、厚さ・寒さ・結露・ダニなどの不快さを感じることの少ない健康で快適な住まいを実現することができます。 これらの問題点をすべて解決した健康で快適な住宅をつくるためにスーパーウォール工法が考案されました。

スーパーウォール工法は優れた性能SWパネルから

SW工法は、独自の高性能パネルSWパネルによる高気密・高断熱高耐震構造。 冷暖房や計画換気システムを組み込んで部屋ごとの不快な温度や空気のよどみを解消し住まいの基本性能を大きく向上します。さく、厚さ・寒さ・結露・ダニなどの不快さを感じることの少ない健康で快適な住まいを実現することができます。 これらの問題点をすべて解決した健康で快適な住宅をつくるためにスーパーウォール工法が考案されました。

高気密、高断熱構造だから、温度差の少ない室内空間を保ちます。
薄くて高性能な発泡ウレタン外壁を使用しているので、上下の温度差の少ない快適空間を作れます。
部屋間の温度差が大きいことは、人体に悪影響です。
温度差によるヒートショックが死亡率を上げています。

温度差が少ないから結露が起こりにくい。
通期構造で湿気を通しにくい発泡ポリウレタンが見えない結露を防ぎ耐久性を高めます。
結露が起こらないからカビもダニも発生しない。
カビやダニの原因となる結露が発生しないため空気はいつもきれい。 さらに計画換気システムで住まいの空気環境をより快適にします。

温度差が少ないから結露が起こりにくい。
通期構造で湿気を通しにくい発泡ポリウレタンが見えない結露を防ぎ耐久性を高めます。
結露が起こらないからカビもダニも発生しない。
カビやダニの原因となる結露が発生しないため空気はいつもきれい。 さらに計画換気システムで住まいの空気環境をより快適にします。

ランニングコストシミュレーションで分かる
SW工法住宅では、ランニングコストのシミュレーションを実施し、事前に冷暖房にかかる金額の目安を算出します。一般住宅との比較ができ、コスト削減の目安を知ることが可能です。 SW工法なら、建てる前から地球温暖化防止への貢献を考えた家づくりができます。

SW工法の優れた気密性が気になる騒音をおさえます
外からの音を低減し、室内から外部への音漏れも抑え心身ともにリラックスできる静穏な室内を作りだします。